薬務薬制部病棟業務整備小委員会

当委員会は、平成11年 細田順一会長の時代に、一般市民への病院薬剤部の職能(特に薬剤管理指導業務)のアピールと薬剤管理指導業務届出率・実施率向上、薬剤管理指導業務の実態把握を事業計画として、「薬剤管理指導業務推進実行特別委員会」という名称で発足しました。平成14年度より、これまでの特別委員会から「薬務薬制部病棟業務整備小委員会」に変更となり、現在に至ります。これまでに「薬剤管理指導業務のためのケアワークシート作成の手引き」作成や、パネルディスカッション、ワークショップの企画・運営などを行ってきました。

平成24年度の診療報酬改定では病棟薬剤業務実施加算が新設されたことから、同業務のさらなる推進や、新人教育や人材育成などを中心にパネルディスカッションを開催しました。

当委員会では、委員同士による多施設共同研究「東京都におけるポリファーマシーの現状調査」も行っており、平成28年11月22日「ポリファーマシーの実態と薬剤師による介入について」というテーマで研究会を開催しました。(写真)

 

(写真)会場参加者との質疑応答

その後、研究責任者の安委員がGeriatrics & Gerontology International誌にタイトル「Association between polypharmacy and clinical ward pharmacy services in hospitals in Tokyo」で受理されました。                 
平成29年度からは、会員の皆様の関心の高い「周術期患者への薬学的管理」や「循環器疾患の急性期から慢性期までの薬学的管理」をテーマに研究会を企画し、いずれも参加者が100名を超えております。

今後も病棟業務に関連する魅力ある研究会を企画いたしますので、会員の皆様のご参加をお待ちしております。

(薬務薬制部病棟業務整備小委員会 委員長 城田 幹生)