病院薬剤師の仕事

 東京都病院薬剤師会は、病院、診療所等に勤務する薬剤師約4,400名からなる組織です。 私たちは「医薬品のあるところ薬剤師あり」というスローガンを掲げ、患者さんに医薬品を有効かつ安全に使用していただくため、日々最新の知識と技術を学び研鑽しています。

 医薬品は正しく使うことで初めて十分な効果が得られますが、 最近の医薬品は効果の高い性質を持つ反面、十分理解して使用しないと逆効果になってしまう医薬品が多くなっています。また、医薬品同士で効果を強めたり、弱めたり、あるいは食事の影響、健康食品やサプリメントとの併用が医薬品の効果に影響を与えることもあります。

 医薬品について疑問点がありましたら薬剤師に遠慮なくご相談ください。 私たちは、患者さんが安心して医薬品を使用していただけるように、以下のようなさまざまな仕事をしています。 身近に薬剤師がいることを知っていただき、一緒に治療に参加したいと考えています。 私たち病院や診療所に勤務している薬剤師が、患者さんの利益を守るためにどのような仕事をしているかご存じですか。実にさまざまな仕事をしているか、お分かりいただけると思います。

 このページについてのお問い合わせ、ご意見などはこちらへメールでご連絡下さい。


(目次)
 調剤業務
 製剤業務
 注射調剤業務
 注射薬混合調製業務
 外来化学療法室
 救命救急業務
 医薬品情報業務
 治験業務
 チーム医療
 病棟薬剤業務
 疑義照会とプレアボイド
 薬剤師外来
 専門薬剤師


調剤業務

 調剤業務には、医師の処方せんに基づいて、外来患者さんにお渡しするお薬を調剤する外来調剤と入院している患者さんのお薬を調剤する入院調剤があります。

 調剤業務は以下の手順に沿って、過誤のないよう、正確に行われています。

1) 処方せんに記載された内容について確認を行います。(鑑査と言います)
必要に応じて医師に問い合わせをします。(疑義照会と言います)

2) 錠剤、外用剤などを処方せんに記載されているお薬の剤形、服用量、服用方法などを考慮し正確に取り揃えます。(計数調剤と言います)
必要に応じて服用しやすいように錠剤を服用時点毎に、機械を使って一包にまとめています。(一包化調剤と言います)

3) 散剤を処方せんに記載されているお薬の剤形、服用量、服用方法などを考慮し正確に量り取り(計量調剤と言います)、よく混合し、機械で一回分毎に分包します。

4) 調剤されたお薬が、処方せんの内容通りかを、調剤した薬剤師と違う薬剤師が確認します。(最終鑑査と言います)

5) 患者さんが正しく服用および使用できるように情報提供を行い、お薬を交付します。

6) お薬相談窓口で、患者さんからのお薬に関する質問や相談を受けます。

↑ページトップ


製剤業務

 院内製剤とは薬剤師により病院内で調製され、その病院内で使用される製剤のことです。薬物治療において、市販されているお薬では効果が得られない場合、市販されている剤形(薬の形)そのままでは治療に使用できない場合など、薬物治療上のニーズに応じて、個々の患者さんに合わせてお薬(院内製剤)を調製しています。院内製剤によって薬物治療は向上し、患者さんのQOL(Quality of Life:生活の質)の向上につながります。

 調製されている製剤は、内服剤から注射剤まで全ての剤形に及びます。調製にあたっては、科学的・倫理的妥当性について十分に考慮し、市販の医薬品と同様に品質を確保し、有効性、安全性、安定性の面についても配慮しています。このように院内製剤の調製は、疾病に関する知識に加えて薬剤師の幅広い薬学的知識と技術が結集された業務です。

 

 

↑ページトップ


注射調剤業務

 注射薬は、一般に効果が強く血管内に直接投与されるので使い方には特に注意が必要です。また、急性期に使用されるので、病状に応じて処方内容が細かく変化します。そのため、薬剤師が処方せんを基に入院患者さん一人一人が使用する注射薬を1回分ずつ調剤しています。

 注射薬の調剤では、患者さんの検査値や、年齢、体重、発熱、食事摂取など様々な状況を考慮し、処方されたお薬についての配合禁忌(混ぜてはいけない薬)、投与量、投与速度、投与期間などのチェックを行います。ここで疑わしい点は医師にも確認し、より適切な注射薬が安全に使用されるように努めています。

 また、最近は注射薬の配合禁忌や相互作用などのチェックにコンピューターを駆使し、調剤を行うロボット(アンプルピッカー)を使用するなど、多くの病院で機械化が進んでいます。

 

↑ページトップ


注射薬混合調製業務

 注射薬混合調製業務というのはアンプルやバイアルに入った注射薬を点滴の中に混ぜ、患者さんへすぐに使用できるようにする業務のことです。注射薬は血管に直接薬を入れるため、飲み薬などに比べてより強力で早い効果が期待でき、大量の水分や栄養を補給できます。

 またがん化学療法に使うお薬なども数多くの注射薬が使用されています。注射薬は複数のお薬を混ぜることが容易にできるため様々な症状を同時に治療するといったことも可能です。

 一方で直接血管の中に投与することから、衛生管理にはとても気を遣わなくてはなりません。またがん化学療法に使用する薬は、目や皮膚に触れないように注意が必要です。

 こういった安全性に関するニーズの高まりにより、薬の専門家である薬剤師が注射薬の混合調製をおこなうことが多くなっています。

【安全】

がん化学療法に用いるお薬は防護衣を着用し、安全キャビネットという専用の設備を用い調製を行っています。これにより調製者が抗がん剤に曝露するのを防いでいます。

【衛生的】

 長期間食事のとれない患者さんに行う点滴の中には1日に必要な栄養のほとんどを摂取可能な高カロリーなものがあります。栄養に富んでいると細菌汚染されやすい欠点があることから、クリーンベンチという専用の設備を用い調製を行っています。これにより高カロリーな注射薬も衛生的な状態を保つことが出来ます。

【協力】

 現代の医療は様々な職種が協力をしていく時代です。これまでは注射薬というと看護師というイメージだと思いますが、薬剤師も注射薬の混合調製や患者さんへの使用を行いはじめています。薬の専門家である薬剤師が注射薬の管理をすることでより安全に患者さんへ使用できるようになります。

 注射薬を混ぜて調製するのは一見簡単なことです。しかし効果の強い注射薬は当然副作用などのリスクも高いものばかりです。それを確実に安全に患者さんに使用できるように、責任を持って調製する、これも薬剤師の重要な職能の一つです。

 

↑ページトップ


外来化学療法室

 近年、がんの治療は、分子標的薬や副作用の少ない抗がん剤の開発、副作用対策薬の進歩等により外来での治療が進んでいます。

 外来で抗がん剤を点滴する外来化学療法室には、多くの施設で薬剤師が活躍しています。レジメン(抗がん剤治療の計画書)チェック、抗がん剤の調製、抗がん剤治療の説明や副作用の確認、医師への処方提案などを行い、患者さんが安全で安心して治療ができるようにがん治療に深く関わっています。

 

↑ページトップ


救命救急業務

 救命救急センターは、生命の危機に瀕した重症の患者さんが搬送され、高度な医療技術を提供する医療機関です。薬剤師は、医師や看護師などとチームを形成し、よりよい医療の提供に努めています。

 患者搬送直後は、呼吸や循環を安定させる初期治療が行われます。迅速な治療が求められる反面、些細なミスが命取りになるため、患者さんの状態を確認しながら、お薬の選択や投与量・投与方法などを、私達薬剤師が確認し調製します。それぞれの職種がお互いを理解し、専門性を発揮することにより、円滑なチーム医療を行っています。

 患者さんが集中治療室に入室後も、状態は刻々と変化します。そのため、私達は現在の病気や身体の状態を常に把握し、適切な薬物治療を提供できるようにチーム内で協議をしています。さらに適切な薬物治療の提供のためには、医薬品の管理(品質・在庫)が重要で、常に必要なお薬が使用できる状態にしています。

 救命救急センターの薬剤師は、昼夜を問わず、搬送される急病の患者さんに対し、常に最適な薬物治療が提供できるように努めています。

 

↑ページトップ


医薬品情報業務

 医薬品情報室は、DI室(Drug Information)とも呼ばれ、医薬品に関する情報を取り扱う部署です。

 医薬品を適正に安全に使用するためには、投与方法、投与量、副作用、相互作用などの様々な情報を収集し、その情報が適切なものかどうか評価していくことが必要となります。収集した医薬品情報は、書籍や文献の様なアナログ情報として、またコンピューターのようなデジタル情報として管理しておきます。そして医師、薬剤師、看護師などの医療従事者や、患者さんへ情報提供しています。

 また、医療機関内で発生した副作用情報の収集も大切な仕事です。医薬品は、少数の患者さんに対して有効性や安全性を確認した上で発売されますが、発売後多くの患者さんに使用されることにより、それまで見つけることのできなかった副作用が発現することがあります。

 新たに見つかった副作用や、重大な副作用は、厚生労働省に報告する必要があります。報告することにより、厚生労働省から安全性情報が発信され、様々な医療機関で情報共有することができます。これにより薬を安全に使用することができるわけです。このように厚生労働省、医療機関そして製薬企業の間での情報共有が必要となるわけです。

 

↑ページトップ


治験業務

 「治験」とは、国より製造販売承認を得るために行われる新薬の臨床試験であり、治験依頼者、治験実施医療機関は、薬事法と本法に基づいて国が定めた「医薬品の臨床試験の実施の基準に関する省令(Good Clinical Practice;GCP)」を守らなければなりません。GCPは、世界医師会によるヒトを対象とする医学研究の倫理的原則である「ヘルシンキ宣言」を踏まえ、倫理的な配慮のもとに科学的で適正に実施されるために定められた国際的な規則です。

 GCPでは薬剤師に対して、医療機関における治験を実施するチームの一員として、専門的な立場から治験責任医師・治験分担医師の業務を支援することや、医療機関におけるすべての治験薬を適正に保管管理するとともに、治験を実施するための計画書(プロトコル)に従い、治験薬が適正に投与されているかを確認することなどが義務づけられています。このように薬物療法の責任を担う薬剤師にとって、治験への関与は必要不可欠となっています。

 

↑ページトップ


チーム医療

 チーム医療は、医師、薬剤師、看護師、管理栄養士など医療スタッフが互いの専門性を尊重し、最大限の能力を引き出し合うことによって最善の治療をおこなう医療現場の取り組みです。各医療スタッフは医師と対等な立場で意見を述べ、コミュニケーションを密にすることにより、患者さんにとって最も効果的な治療法や方針が検討されます。

 

主なチーム医療と薬剤師の役割

○緩和ケアチーム

 モルヒネをはじめとする医療用麻薬の適正な使用法や副作用のチェックや処方提案、患者指導をしています。

○感染管理チーム

 感染の発生を監視し、抗生物質の使用状況や処方提案、消毒薬の適正使用による院内感染防止に努めています。

○栄養管理サポートチーム

 静脈栄養液・経腸栄養剤の選択や適正な使用法を指導・提案をしています。

○褥瘡管理チーム

 栄養、血圧、血糖、浮腫などを適正にコントロールする処方提案、外用薬の薬効成分や基剤の性質を考慮した処方提案をしています。

○病棟薬剤業務


患者情報の共有と意見
交換による治療方針の検討

多職種によるカンファレンス
 

鎮痛薬の医療スタッフ向け講義をする薬剤師

 

↑ページトップ


病棟薬剤業務

 患者さんに適切な薬物療法が行われ、かつ患者さんに安心してお薬を使用していただけるよう、医師や看護師をはじめとする多くの部署と連携して次のようなことを行っています。

○入院された患者さんまたはご家族と面談をし、持参されたお薬、市販されているお薬、健康食品等の内容、服薬の状況を確認し飲み合わせ等の確認をしています。またその際アレルギー歴、副作用歴の確認もしています。

○お薬の使用前には疾患や症状、年齢、体格、腎臓や肝臓の機能などを確認したうえで、投与量、投与速度に問題がないか、注射薬と内服薬との組み合わせが問題ないかを確認しています。

○お薬を使用する際には効果や飲み方(使用方法)、起こり得る副作用とその対処法の説明を患者さんまたは家族に行っています。

○お薬の使用後には効果が出ているか、副作用が出ていないかを確認しています。その上で内容を医師へ伝えお薬の処方設計や提案をしています。

○退院時には退院後の生活に合わせたお薬の使用(飲み方、服用時間等)ができるよう薬の説明をしています。

 

↑ページトップ


疑義照会とプレアボイド

 医師が発行した処方せんを薬剤師が調剤することで、患者さんはお薬を実際に服用することができます。その際、薬剤師は処方せんの内容に疑問がある時は、それを確かめた後でなければ調剤してはならないことが、法律(薬剤師法)で決められています。この確認作業を「疑義照会」と呼び、医薬品を安全に使用するために極めて重要な仕事です。

 医薬品を安全に使用するための薬剤師の役割として、「疑義照会」と並び「プレアボイド」という制度があります。プレアボイドは英語の「be PRE pared to AVOID the adverse reaction of drugs:薬剤による有害事象を事前に回避する」から作られた造語で、日本病院薬剤師会が取り組んでいる対策です。

 お薬には、どんなに注意しても副作用が起こり得ます。薬剤師が薬物療法に積極的に関与し、有害事象(副作用)を『未然に防止する』あるいは『重篤になることを防止する』ことで患者さんに不利益を与えないための制度が「プレアボイド」です。一枚の処方せんから得られる情報で疑義照会を行うだけでなく、薬歴やおくすり手帳、検査値、カルテ情報など様々な患者さんの情報を収集し、副作用、相互作用、禁忌、重複投与、慎重投与等、問題はないかをチェックしているのです。

 薬剤師が薬物療法に積極的に関与し、医師とともにダブルチェックを実施しているからこそ、患者さんは安心して薬物療法を受けることができるといえます。

 

(日本病院薬剤師会)

 

↑ページトップ


薬剤師外来

 来院された患者さんがお薬の服用で困っていることはないか、他の医療機関から処方されているお薬がある時にはその服用状況や効果の重なるお薬が処方されていないかなどを確認、またサプリメント摂取、アレルギーなどについても患者さんとお話しします。お話しから得られたことを診療に役立つ情報にまとめ、安全で効果的な治療が出来るように医師や看護師に提供しています。

服薬状況などの確認
今飲んでいるお薬は・・・
薬の種類別に実物を掲示
診療に役立つ情報作成

 

↑ページトップ


専門薬剤師

 病院薬剤師は薬の専門家です。「薬のことで分からないことがあったらとりあえず薬剤師に相談」というのが病院での常識です。ただ、すべての質問に即座に答えられるわけではありません。絶対にやってはならない事は何か、何を調べたらよいかを知っている、ということで、薬に関する常識人(ゼネラリスト)と言えます。

 最近の薬物療法の進歩は目覚ましく、「専門家の薬剤師がより専門的知識を充実して臨床現場に貢献してほしい」という要望が強くなっています。ある薬物療法の分野で臨床経験を積み、研究を行い、しかるべき関連学会の認定を受けることにより専門薬剤師(スペシャリスト)になる制度が出来ています。

 

 

↑ページトップ